邪魔な広告が表示されないお子様にも安心の検索エンジン→Filtering Searchを使ってみよう

【職場】嫌われ女ベスト5発表!No1は○○女だった。

働いているといろんな性格の人がいますよね。
学生時代の友達のように、社会では上司や同僚を選べません。
苦手な人と一緒に働くというのは非常にストレスです。

職場で嫌われる女を分析し、できるだけ害を受けないよう対策を練りましたので、ぜひ参考にしてください。

マウンティング女

マウンティングとは、本来、動物が自分の優位性を表すために相手に対して馬乗りになる様子をいいます。
人間関係においては、「自分の方が優位」と思いたいがゆえに、「私の方が他人よりも幸せである」と一方的に格付けし、自分の方が立場は上であると主張し、更にそれをアピールするのがマウンティング女です。

「○○ちゃん、メイク上手でうらやましいなっ。わたしなんてメイク下手だからいつもほとんどスッピンだもん」
「○○(レストラン)によく行くんだ? あそこはシェフが変わって味も変わっちゃったよね~。でも使い勝手はいいよね!」
「旦那さんの写真見せて~。わー、ゆるキャラみたいで癒やされそう!」
もう言葉の殴り合いですよね。
こういうマウンティング女子に関わった人は調査によると95%にもなります。

対処法

マウンティング女は、相手の「顔」、「ファッション」、「スタイル」を見てターゲットを絞るそうです。
マウンティング出来そうだと判断したら、発言の中にさりげなく組み込みます。
マウンティングする人の内側にあるのは、嫉妬と劣等感であり、人より優位に立って自信を保ちたいのです。

『どんぐりの背比べ』とはこのことですし、そもそも勝ち負けなんてないのです。

はっきりと、「ねえ、今のちょっと、マウンティング入ってない?」と言って、冗談の一種に変えてしまうというのが上級なマウンティング返しです。

実際これ言ってみました。効果抜群です。

マウンティング女は、分かってマウンティングしていますから、顔色をさっと強張らせて、それから言わなくなりました。

フェードアウトするとその後が面倒ですから、その後も普通に接していればもうマウンティングされることはなくなりました。

ヒステリックな女

物を置くのにもバーン!
キーボードを叩くのもカタカタターン!ターン!

注意の仕方もヒステリックに怒鳴ったり、あからさまに機嫌の悪い様子な女。
ヒステリック女の周りは本当に迷惑です。

もし攻撃対象になってしまったら、相当な精神的ダメージになります。
精神的に参って病気になってしまうことも考えられます。

対処法

まずは証拠をとっておきましょう。
ヒステリックな叱責をしっかり録音されて社会的地位も失った女性国会議員もいましたよね。

証拠にはボイスレコーダーで録音しておくのが一番です。
今はスマホでも録音できるのですが、いざというとき目の前でスマホの操作ができないので、ボイスレコーダーを忍ばせておいて操作する方が効果的です。
しかも今は12時間以上録音できるものもあるので、実用的です。

もうパワハラの域だったら、しかるべき場所に訴えましょう。
パワハラは犯罪ですから、あなたの力になってくれます。

秋の空女(気分屋)

昨日までは普通に話していたのに、ある日突然態度が冷たくなると「あれ?私なにかマズイこと言ったかな?」なんて気にしますよね。

上司が気分屋だった場合は最悪です。

その日の気分によって教え方が変わってくるので、この前言ったことと違うなんてことがざらにあります。
会話していても突然不機嫌になって怒られたり。

本当に気分屋の秋の空女と一緒に仕事をしていると疲れますよね。

対処法

スルースキルを身につけましょう。

機嫌の悪い時に一見嫌味にしか思えないアドバイスも「よかれと思って」出た言葉かもしれません。
例えば聞いたあと大きな声で「ご指導ありがとうございました!」と言ってみましょう。

相手は「えっ」と驚くでしょう。
気分屋の人をまともに相手にしていると病気になってしまいます。
お礼という形ではねかえしてみましょう。

かまってちゃん女

かまってちゃん女は、相手の付け入るスキがないくらい、止めどなく自分の話ばかりします。

多くはネガティブな発言ばかりします。
「私ってだめだよね…。」「この服あまり似合ってないよね…。」とか、
「お腹痛~い」「頭痛が酷い…」「風邪引いてしんどい!」などの体調悪いアピールも。

こればかり聞かされた方は気分も暗くなります。

深いため息を吐いて、聞いて欲しそうに人の方をチラチラ見るのは、典型的なかまってちゃん女です。声をかけてほしいのが見え見えで、イラッとする人もいるでしょう。

相手にする方は大変疲れますよね。

対処法

かまってちゃん女は、メンヘラ女に近い人種です。

かまってちゃん女はとにかくかまってもらいたいのです。
「大丈夫?」とか「そんなことないよ」待ちです。

会話は、かまってもらうための手段ですから、相手の事は考えないまましゃべってきます。
こちらからすぐ話題を変えて、自慢は流して話を終わらせるようにしましょう。

かまってちゃん女はそんなに心が強くない人が多いですから、しゅんとなって改めるでしょう。

カメレオン女(相手によって態度を変える)

上司や男性社員の前では媚びて愛想を振りまき、女子社員の前では露骨に態度が変わる人いませんか?

「本当に同じ人なの!?」と、周囲も驚くほどの豹変ぶり…。
ここまであからさまだとすぐに尻尾が出てしまいそうですが、上手に使い分けており、上司や男性社員は100%気付いていません。

人によって態度を変える人と上手に付き合っていくには、どうしたらいいのでしょうか?

対処法

その人の個性だと割り切るのが一番の対処法です。

同じ職場で働く同僚としてのみ付き合い、距離を置きましょう。

そして相手にのみこまれず、人を見て態度を変えることは絶対せず、公平を保ちましょう。

一定の距離は保ちつつも、ありのままの相手を受け入れていると、自分のストレスも減り、不用意に巻き込まれる危険性も避けられます。

まとめ

労働の疲労でなく、人間関係の悩みって本当に疲れますよね。
人間関係がこじれると修復するのは難しいです。
できるだけ平穏に過ごすためのスルースキルとコミュニケーション能力をつけておきましょう。

関連記事 【全35種】こんなにある!○○○○○ハラスメント

関連記事 スキマ時間にスマホでプチ稼ぎ6つの方法をご紹介