邪魔な広告が表示されないお子様にも安心の検索エンジン→Filtering Searchを使ってみよう

【人事担当必見】Googleしごと検索(Google for Jobs)の登録方法

「Google for Jobs」とは?

Google for JobsとはWeb上の構造化データを、検索エンジンが読み取り、求人情報を検索結果に表示させる機能です。

Googleで「求人 品川」と検索するとエンリッチリザルトに結果表示されます。
↓こんな感じです。
業種や地域などの絞込み検索や求人情報の保存ができます。

「Google for Jobs」に求人情報を登録したい

登録方法はこの2つです。

  1. 募集要項ページに構造化データを記述する
  2. Googleにインデックスさせる

募集要項ページに構造化データを記述する

Google求人情報の構造化データに指定されたルールに沿って構造化データを記述します。
構造化データをhead内に記述します。

WEB企画ラボ様が知識の無い人でも簡単に構造化データを作成し、貼り付けるだけで対応することが可能という素晴らしいツールを作ってくださってます。

JOB POSTING GENERATOR
https://webkikaku.co.jp/homepage/tool/job-posting/

構造化データの例です。

構造化データを確認する

Googleでは、構造化データをチェックするツールを用意しています。
正しくないとクロールされない場合もありますので必ずチェックしましょう。
構造化データテストツール:https://search.google.com/structured-data/testing-tool

Googleにインデックスさせる

インデックスさせる方法は、

  1. Google APIs の Indexing API を利用する
  2. sitemap.xmlを利用する

の2種類があります。

Google APIs の Indexing API を利用する

出典:Google Indexing API クイックスタート

サイトマップと Indexing API
求人情報の URL では、サイトマップではなく Indexing API を使用することをおすすめします。その理由は、Indexing API は Googlebot に対して、サイトマップを更新して Google に通知するよりもページをクロールするよう指示するためです。ただしそれでも、サイト全体をカバーするためにサイトマップを送信することをおすすめします。
使用方法
Indexing API を使用する手順は次のとおりです。

Indexing API を有効にし、新しいサービス アカウントを作成し、Search Console で所有権を確認し、アクセス トークンを取得して API 呼び出しを認証することにより、前提条件を満たします。
リクエストを送信して、新規、更新済み、削除済みのウェブページを Google に通知します。
デフォルトよりも多くの割り当てが必要になる場合があります。現在の割り当てを表示して、追加の割り当てをリクエストする場合は、割り当てを参照してください。

sitemap.xmlを利用する

もうひとつの方法は、Google に新しいサイトマップを送信します。
indexing API を用いた方法の場合もサイトマップの送信を推奨しています。
Googleでは、indexing APIを推奨していますが、ややこしいのでサイトマップの利用の方が明確です。

具体的な方法は、Search Consoleの利用が簡単そうです。
管理画面内を 「インデックス」 ⇒ 「サイトマップ」 と移動し、

(例)https://tesut.co.jp/sitemap.xml
と入力して送信します。

または、ブラウザで GETリクエストを送信します。
http://www.google.com/ping?sitemap=
例:
http://www.google.com/ping?sitemap=https://example.com/sitemap.xml

まとめ

いかがでしたか?
ITの知識がない場合は、難しいかもしれませんので、有料ですが頼むこともできます。
こちらから

これからますます活用されると思いますので、ぜひ着手してみてください。